Scroll Top

フローリングの張替えを住みながらできる方法について解説します!

住宅のリフォームを考える際、特にフローリングのリフォームは工事中に床が無くなるのため歩けない住めないといった、大工事になるイメージかと思います。多くの人がフローリングのリフォームを想像する時、「フローリングのリフォーム=貼り替え」というイメージが強いかと思います。実際には、住みながらのリフォームを行う場合、貼り替えでは不可能な場合があります。それは、床を剝がしたら、コンクリート部分がむき出しになり、場合によっては給水管、排水管、ガス管もむき出し状態となり、木のトゲやコンクリート片が飛び散っている為、住むのが危険な環境になるからです。下の写真は、「貼り替え」時の作業工程の一部です。貼り替え工事は1日では終わりませんし、工事が完了しない限り、とても住める状態ではないことが確認できます。

貼り替え時の下地作り

フローリングのリフォームは貼り替えともう一つ、「上貼り」という方法があります。住みながらの工事の場合、この「上貼り」が選ばれることが多いのです。この記事では、住みながらのフローリングリフォームで貼り替えが難しい理由と、上貼りが選ばれるメリットについて詳しく解説していきます。

住宅の中でも、フローリングは私たちが日常的に使用する部分であり、その質感や色合いは生活空間の雰囲気を大きく左右します。そのため、フローリングが劣化した時に、リフォームを考える人はとても多いです。そして多くの人は、「貼り替え」をイメージします。しかし、実際のリフォーム現場では、貼り替え工事は住みながらのリフォームには適さないことを伝えます。そこで「上貼り」という方法をお伝えすると、9割以上の人が上貼りを選択されます

ちなみに、当社の上貼りフローリングは、貼り替え工事の約1/3業界最安値の施工額なので、予算も大幅に削減できます。

多くの人々が「フローリングのリフォーム=貼り替え」と考える背景には、過去のリフォームの常識や、メディアなどでの情報提供の仕方が影響していると考えられます。しかし、現代のリフォーム技術や材質の進化により、上貼り工法も高品質で長持ちするものとなっており住みながらのリフォームを希望するご家庭には最適な選択肢と言えます。

経年劣化で傷だらけになったフローリング

貼り替え工法とは?

フローリングのリフォームにはさまざまな方法がありますが、中でも「貼り替え工法」という言葉を耳にすることが多いですよね。では、貼り替え工法とは具体的にどのような方法なのでしょうか。

貼り替え工法の特徴

  • 貼り替え工法は、既存のフローリングを完全に取り除き、新しいフローリング材を施工する方法を指します。
  • この方法は、古いフローリング全体が劣化している場合や、床下の補修が必要な場合に適しています。
  • 完全に新しいフローリングを選ぶことができるため、デザインや材質の変更が容易です。

貼り替え工法のメリット

  • 床下地全体の補修や調整が可能。
  • 新しいフローリングの選択肢が広がる。
  • 劣化した既存のフローリングを完全に取り除くことができる。

貼り替え工法のデメリット

  • 施工時間が長くなる場合がある。
  • 住みながらの工事ができない可能性が高い。
  • 貼り替えに使用するウレタン接着剤は、とても有害で、シックハウス症候群 – Wikipediaの原因となるホルムアルデヒド – Wikipediaが飛散し、健康被害に発展する恐れがあります。
  • 家具や荷物の大移動が必要で、料金がかかる。
  • 既存の床の廃棄代仮住まい費用施工費用を含めると、とても高額になる可能性がある。

施工の流れ

  1. 既存のフローリングの撤去
  2. 床下地の補修や調整
  3. 新しいフローリングの選定
  4. フローリングの施工
  5. 仕上げ作業

貼り替え工法は、リフォームの際に最も一般的に行われる方法の一つです。しかし、施工には時間やコストがかかるため、リフォームの目的や予算、期間などをしっかりと考慮して選択することが重要です。

上貼り工法とは?

フローリングのリフォーム方法として「上貼り工法」は、近年のトレンドとして注目されています。この方法は、特に住みながらのリフォームを希望する家庭において、多くのメリットを持つとされています。では、上貼り工法とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

上貼り工法の特徴

  • 既存のフローリングの上に新しいフローリング材を重ねて施工する方法。
  • 既存のフローリングを取り除く必要がないため、施工時間が短縮される
  • 廃材処分費、下地調整費、仮住まい費用が不要なので、低コストでのリフォームが可能

上貼り工法のメリット

  • 施工時間が短く、人件費も日数も削減できる
  • 住みながらのリフォームが容易
  • 既存のフローリングの上に貼ったと思えない仕上りに施工できる。
  • 当社の専用接着剤のみになりますがホルムアルデヒド – Wikipediaの放散濃度がウレタン接着剤1/1000と、住みながらの工事でも、とても安全。

上貼り工法のデメリット

  • 既存のフローリングや下地の状態がひどすぎる場合、上貼りが困難な場合がある
  • 多くの上貼り材は、一部の床暖房には適用が難しい場合がある。防音フローリングには貼れない。ちなみに、当社のフローリングは床暖房防音フローリングにも貼れます

施工の流れ

  1. 既存のフローリングの状態を確認。
  2. 必要に応じて下地の補修。
  3. 新しいフローリング材の選定。
  4. 上貼り施工。
  5. 仕上げ作業。

上貼り工法は、その手軽さやコスト面でのメリットから、多くの家庭で選ばれるリフォーム方法となっています。しかし、施工を行う前には、既存のフローリングの状態や家の構造をしっかりと確認し、適切な方法を選択することが重要です。

フローリングリフォームの適切な方法の選択

フローリングのリフォームを考える際、フローリングのリフォームを、どのような方法で行うかは、既存のフローリングの状態や家の構造によって大きく変わることがあります。ここでは、フローリングリフォームを行う前に考慮すべきポイントと、適切な方法の選択について詳しく解説します。

1. 既存のフローリングの状態の確認

  • 歩くたびに床がきしむ、床面が反っているなどの症状がある場合、床の構造そのものに問題がある可能性が高いです。
  • フローリングの傷や摩耗が目立つようになった場合、リフォームを検討するタイミングかもしれません。

2. 家の構造とリフォームの方法

  • 木造一戸建てやRC造のマンションなど、建物の建築方式によってリフォームの方法や費用に差が出ることはありません。
  • 管理会社や住宅の規約によっては特定のフローリング材や工法が制限される場合があります

3. リフォームの予算と方法の選択

  • 予算に応じて、上貼り工法や張り替え工法など、異なるリフォーム方法を選択することができます。
  • 上貼り工法は費用が安く、工期も短いというメリットがありますが、張り替え工法ではフローリング材を自由に選択できるという利点があります。

4. リフォームの目的とフローリングの選択

  • フローリングはインテリアの重要な部分であり、リフォームの目的に応じて最適なフローリング材を選択することが重要です。
  • 高齢者の家庭では防滑仕様(滑り止め)が必要となる場合があります。

フローリングリフォームを行う際は、これらのポイントをしっかりと考慮し、最適な方法を選択することが大切です。適切なリフォームを行うことで、快適な生活空間を長く維持することができます。

 

まとめ:住みながらのフローリングリフォームの選択

住みながらのフローリングリフォームは、多くの家庭で、できればそうしたいリフォームの一つです。しかし、その選択肢や方法には様々なものがあり、それぞれのメリットやデメリットを理解することが重要です。

1. 住みながらのリフォームのメリット

  • 家を一時的に出る必要がないため、生活の中断を避けることができます。
  • リフォームの進捗を日々確認することができ、細かい要望や変更もスムーズに行えます。

2. 住みながらのリフォームのデメリット

  • 工事中の騒音や振動、ホコリなどの生活環境の変化に耐える必要があります。
  • 一部の部屋やスペースを工事のために空ける必要があるため、生活スペースが狭くなることがあります。

3. 上貼り工法と張り替え工法

  • 上貼り工法は、既存のフローリングの上に新しいフローリングを貼り付ける方法です。工期が短く、コストも抑えられるのが特徴です。
  • 張り替え工法は、既存のフローリングを取り除き、新しいものに張り替える方法です。完全に新しいフローリングにすることができるため、長持ちしますが、工期やコストが上貼り工法よりも高くなることがあります。

4. 適切な方法の選択

  • 既存のフローリングの状態や家の構造、リフォームの予算や目的に応じて、上貼り工法や張り替え工法のどちらを選択するかを決めることが大切です。
  • プロの意見やアドバイスを取り入れながら、最適なリフォーム方法を選択しましょう。

住みながらのフローリングリフォームを行う際は、上記のポイントを参考にしながら、自分の家や生活スタイルに合った方法を選択することで、失敗しないリフォームをしましょう。

フローリングを専門業者と相談しながら、予算を抑えてリフォームする場合

フローリングのリフォームを検討する際には、「貼り替え」と「上貼り」の2つの方法が主流となっています。多くの方が「貼り替え」を最初に考えるかもしれませんが、それにはいくつかのデメリットがあります。例えば、高額なコスト住みながらの工事が困難である点、そして使用される接着剤に含まれるホルムアルデヒド(wiki)がシックハウス症候群(wiki)の原因となる可能性があります。

そこでお勧めしたいのが「上貼り」リフォームです。これは既存の床の上に新しいフローリングを貼り付ける方法で、床の撤去費用廃材処分のコストが不要となります。さらに、当社は床暖房や防音フローリングの上からでも施工可能な特殊な床材を取り扱っています。

当社のフローリング材は、従来のものと比べてコストを大幅に削減できるだけでなく、ホルムアルデヒドの放散濃度も非常に低く、安全性が高いです。また、住みながらの工事も可能となっております

フローリングのリフォームに関するご相談や現場調査、お見積りは無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。当社はお客様のリフォームを全力でサポートさせていただきます。