フローリングのカビ取りのやり方にご注意!カビを取る正しい方法を解説!

フローリングにカビが生えて黒ずんでしまったときには、状況が悪化する前にカビ取りをするのが大切です。

ただ、慌ててカビを退治しようとすると失敗する場合があります。フローリングを台無しにしてしまうこともあるので、正しい方法を確認しておきましょう。

フローリングのカビ取りの正しい方法

フローリングのカビ取りでは、カビを飛散させずに死滅させることが重要です。

カビはアレルギーの原因になることがあるので、湿らせて飛び散らないようにしましょう。カビ取りの正しい方法としておすすめの方法は以下の3つです。

フローリング用のカビ取りスプレーで拭く

カビ取りスプレーはカビを死滅させる成分が含まれているので効果的です。

ただ、フローリングを傷める成分を使用している製品もあるので、フローリング用のカビ取りスプレーを使用しましょう。カビが生えている部分に吹き付けて雑巾で拭くだけなので簡単です。

住宅用の中性洗剤で拭く

住宅用の中性洗剤でもカビを除去できます。

台所用の中性洗剤では濃いので、フローリングに使える住宅用を選ぶのが大切です。

中性洗剤を雑巾に染み込ませて拭いた後、水拭きをして洗剤を拭き取ります。そして、乾いた雑巾で乾拭きをすれば終わりです。

薄めた消毒用アルコールをスプレーして拭く

消毒用アルコールは除菌作用があるので大抵のカビに有効です。

ただ、そのまま使用するとフローリングが白化してしまうため、薄めてから使用しましょう。消毒用アルコール:水=4:1くらいに薄めてスプレーボトルに入れて、カビに吹き付けます。

そして、乾いた雑巾で磨き、また吹き付けて磨くという作業を繰り返すときれいになります。

フローリングのカビ取りでやってはならないこと

フローリングのカビ取りでは、誤った方法でやってしまうとフローリングを傷つけてしまいます。

また、カビの飛散によって健康リスクが生じることもあるので、やってはならないことを覚えておきましょう。

掃除機をかける

カビ退治に掃除機は厳禁です。カビは強くフローリングに付着しているので完全にはきれいになりません。

さらに表面のカビは掃除機に吸い込まれていき、フィルターを通って排気から部屋中に飛散させてしまうリスクがあります。汚れを見つけたらすぐに掃除機をかけずに、カビを疑って正しい方法で退治しましょう。

消毒用アルコールを直接かける

カビに消毒用アルコールを使うのは効果的な方法ですが、直接かけるとフローリングが白くなってしまいます。

これはワックスが溶けてしまうのが原因なので、なるべくアルコールは使わないほうがいいです。もし使うにしてもワックスが溶けないように水で薄めて使うことを忘れないようにしましょう。

強いカビ取りや漂白剤を使う

フローリング用ではないカビ取りや台所用・洗濯用・トイレ用などの漂白剤を使うのは厳禁です。

フローリングの変質や白化の原因になります。漂白成分の種類や濃度によっては使える場合があるので、フローリングに対応しているかをチェックしてから使うのが大切です。

重曹で磨く

重曹で磨くのはカビ取りでもよく用いられている方法です。

しかし、フローリングの場合には傷つけてしまうのでやめましょう。重曹は研磨剤としての役割があるので、フローリング表面のワックスなどのコーティングを剥がしてしまいます。

誤ったカビ取りで傷んだフローリングの修繕方法

もし誤ったカビ取りをしてフローリングが傷んでしまったなら修繕しましょう。

おすすめの修繕方法を紹介するので試してみてください。

アルコールによる白化には食用油

消毒用アルコールをそのまま使って白くなったときには、食用油を付けたスポンジで拭けばきれいになります。ワックスの乱れを直す方法で、白くなったときの応急処置としておすすめです。

ワックスの塗り替え

アルコール、漂白剤、重曹などでワックスが傷んだときには塗り替えましょう。ワックスの剝離剤を使用して剥がした後、新しいワックスでコーティングすれば完了です。

フローリングの重ね貼り

カビ取りで失敗したときにはフローリングの重ね貼りがおすすめです。

フローリングの上に新しいフローリングシートを貼ってきれいにするのが重ね貼りの特徴です。フローリングの奥までカビが入り込んでいると、いくら磨いてもきれいにならないこともあります。

上からフローリングシートを貼れば一新されてきれいになるので試してみましょう。

まとめ

フローリングのカビ取りではカビを飛散させないように気を付けながら、カビ取りスプレーやアルコールなどを使ってカビを死滅させるのが正しい方法です。

必要品を揃えればDIYでも簡単にできるので、カビに気付いたらすぐに除去しましょう。もしカビがきれいに落ちない、誤った方法でフローリングが傷んだというときには、フローリングに重ね貼りをしましょう。

新しいフローリングにすればカビのトラブルが再発しにくくなるので、ぜひ検討してみてください。

当社は通常のフローリング施工額の約1/3を実現しました。

また、使用する接着剤も一般のウレタン接着剤と比べ、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放散濃度が1/1000なので住みながらの工事、ペットやお子様にも安心安全な工事が可能です。

当社の上貼りフローリングにするとお手入れも簡単で、汚れも水拭きで拭くだけでサッと落ちます。フローリングの重ね貼りをご希望でしたら、ぜひお気軽にお問合せください。