フローリングの部屋で犬を飼うときの注意点とは?対策方法も解説します!

近年ワンちゃんを室内で飼う家庭も多くなりました。

ただ、フローリングの部屋で犬を飼うときには注意点があります。今まで犬を外で飼っていた場合にも、これから犬を飼おうとしている場合にも対処が必要です。

この記事ではフローリングで犬を飼うときによくある問題と対策方法をまとめました。適切な対処をして犬にとっても飼い主にとってもよりよい形を作り上げましょう。

フローリングで犬を飼うときの注意点

フローリングで犬を飼うと犬にもフローリングにもあまり良くない部分があります。

初めてフローリングの部屋に犬を入れるときには、想定していなかったトラブルが起こるリスクがあるので気を付けましょう。

ここでは犬をフローリングの部屋に入れるときに注意した方が良いポイントを解説します。

通常のフローリングは滑りやすい

通常のフローリングは表面が滑らかに仕上げられているため、犬にとっては滑りやすいのが注意点です。

犬は頭が良いので滑りやすいフローリングでもバランスを取って歩こうとしますが、足腰に余計な負担がかかります。

ジャンプをしたときや、シニア犬になって足腰が弱くなったときに転倒して怪我をするリスクがあります。

爪でフローリングが傷つく

犬の種類によっては爪が鋭いのでフローリングが傷つきます。

爪を使って滑らないようにしようとすると、フローリングの表面が傷だらけになりがちです。犬を室内で飼い始めたら傷が目立つようになり、修繕が必要になることがあるので注意しましょう。

よだれやおしっこでフローリングに臭いが付く

犬のよだれやおしっこが原因でフローリングに臭いが付いたり、隙間ができたりする場合があります。

フローリングの表面に傷が付いていてよだれやおしっこが中に浸透し、木材に染み込んでしまうと臭いがなかなか取れなくなります。

また、フローリング材が水分を含んで伸縮し、隙間ができることもあるので注意が必要です。

犬を飼うときにおすすめの対策

フローリングの部屋で犬を飼うなら十分な対策をするのが大切です。

ここでは犬にも飼い主にもメリットになるおすすめの対策を紹介します。

滑り止めコーティングをする

フローリングには滑り止めコーティングをして、犬が滑って怪我をしないようにしましょう。

滑り止めコーティング済みのフローリングシートを貼ったり、滑り止め剤入りのワックスをかけたりする方法があります。

防水加工・消臭加工のフローリングを選ぶ

防水加工や消臭加工をしてある犬用のフローリングを選ぶのもおすすめです。

大抵は表面にコーティングをして機能性を付与していて、使用しているコーティング剤によって効果が異なります。滑り止め効果も兼ね備えているフローリングもあるので検討してみましょう。

ジャンプする場所にはマットを敷く

マットを敷いて滑りにくくするのは効果的な対策です。

階段の下のようにジャンプをする可能性がある場所にはマットを敷いておくと安心です。段差があるところでジャンプしようとする犬は多いので注意しましょう。

ジャンプさせないようにしつけるのも良い方法です。

爪の手入れを普段から徹底する

フローリングが犬の爪で傷つかないようにするには爪の手入れが大切です。

普段から爪の長さを見て切ってあげましょう。爪が長いと肉球が床に密着しないため、滑ってしまう原因にもなります。

屋外ではあまり問題にならない場合が多いですが、フローリングの部屋で飼うときには気を付けましょう。

シューズを用意する

犬を屋内で飼うとき用にシューズを用意するのも良いでしょう。

シューズの底に滑り止めのグリップが付いているシューズを履かせれば滑りません。爪で床が傷つくこともないので安心です。

ただ、慣れないと歩きづらいので最初は嫌がることがよくあります。うまく慣れさせる努力は必要です。

フローリングシートを使って定期的に張り替える

フローリングシートを貼って、定期的に張り替えをするのはおすすめの対策です。

滑り止め加工や防水加工をしてあるフローリングシートを使えば犬にとっては動きやすく、飼い主にとってはメンテナンスしやすくなります。また、定期的に張り替えていれば傷が原因で臭いが落ちにくくなるリスクも少なくなります。

きれいな状態を維持していけば、張り替えずに重ね張りをするだけで済ませることも可能です。犬を飼うときのフローリングのメンテナンスに適している方法です。

まとめ

フローリングの部屋で犬を飼うときには、犬が滑って怪我をしやすいことと、フローリングが傷みやすいことに注意して対策をしましょう。

表面に滑り止めコーティングや防水加工、消臭加工などをして、犬にも飼い主にもやさしいフローリングにするのがおすすめです。また、フローリングシートを利用して、定期的に張り替えるのも効果的な対策です。

もし滑り止めコーティングや防水加工をしておらず、すでにフローリングが痛んでしまっているという場合にはぜひ当社へとご相談ください。

当社は通常のフローリング工事費用の約3分の1の料金でフローリング工事が可能です。

当社のフローリングへと交換することで、これまで難しいとされていたフローリングの部分張り替えができるようになります。これは当社が誇るフローリング業界初の画期的なサービスであり、全面張り替えの心配がなくなるのでメンテナンス費用も大幅に削減できるといった嬉しいメリットもあります。

犬にとって快適な環境を整えながら、飼い主としてもフローリングをメンテナンスしやすいように対策をしましょう。

当社の接着剤は一般のウレタン接着剤に比べて、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放散濃度が1/1000(厚生労働省試験結果)なので、小さなお子様やペットとの住みながらの工事でも安心安全にリフォームできます。