畳をフローリングにする費用はいくらかかる?工法による違いを解説します!

畳の部屋をフローリングにするリフォームは人気があります。

畳には暖かさを保ったり、保湿をしたりする効果もあり、柔らかくて子育てのときにも良いとよく言われています。ただ、メンテナンスを考えると畳よりもフローリングが優れているのは明らかです。

畳をフローリングにするリフォームでは費用はいくらかかるのでしょうか。この記事ではリフォームの工法による違いも含めて詳しく解説します。

畳をフローリングにするリフォーム費用

畳をフローリングにするときにかかるリフォーム費用は施工方法と部屋の広さによって違います。

6畳~8畳の和室をフローリングにする場合にかかる費用は20万円~50万円くらいが相場です。

ここでは施工方法によるリフォーム費用の違いをわかりやすく説明します。

畳をフローリングに張り替える費用

畳を剥がしてフローリングに張り替える場合には、基本の施工費用として20万円~50万円がかかります。

使用するフローリング材が複合材ならやや安くなりますが、人気のある無垢材では20万円以上になるのが一般的です。

畳を撤去すると、下地から床枠までの高さが通常は55㎜あります。この高さによって施工額は変動します。

下地から床枠までの高さを調整して、床枠にちょうどフローリングが収まるように施工します。

また、畳を剥がした際に下地の劣化が見られた場合には、補修費用として数万円~十数万円くらいが追加費用としてかかるので注意が必要です。

畳の上にフローリング材を敷く費用

畳の上にフローリング材を敷いて、フローリング調にするリフォーム方法では1万円~5万円が費用相場になっています。

厳密に言えば畳の上にフローリング材を敷くだけなので、貼り替えではありません。

完全に畳のお部屋からフローリングのお部屋にできるわけではありませんが、フローリング調のマットやクッションフロアを敷き詰めるだけなのでDIYでも簡単にできるのがメリットです。

DIYで済ませれば施工費用分が安上がりになるため、とにかく安く済ませようと思えば1万円くらいでリフォームできます。

畳をフローリングにする工法による違い

畳をフローリングにするときには、工法によって生じる違いを理解して選ぶのが大切です。

ここでは特に大きく違うポイントを紹介するので、どの工法を選ぶかをよく考えてみてください。

追加費用のかかりやすさ

畳からフローリングにする2つの方法の中で追加費用がかかる可能性が大きいのは、畳を張り替える方法です。

業者によっては撤去した畳の処分費用が見積もりに含まれていなくて、自分で粗大ゴミに出すか、費用を追加で支払って処分してもらわなければならない場合もあるので注意しましょう。

フローリングマットやクッションフロアの敷き詰めであれば、追加費用がかかることはほとんどありません。

工期の長さ

畳からフローリングへの工期の長さでは、フローリング材の重ね張りかフローリングマットの敷き詰めなら数時間で終わります。

しかし、畳をフローリングに張り替えると早くても1日、下地の補修が必要な場合には2日か3日かかるのが一般的です。フローリングの張り替えの際に家具を一時的に運び出して、貸しコンテナなどに預けなければならない場合には余計に費用がかかります。

完成度の高さ

完成度の高さは、畳からフローリングにリフォームすることで何を求めているかによって違いがあります。

メンテナンスをしやすくてデザインの良いフローリングにしたいという場合には、新しく下地材を入れてその上からフローリングを貼ることをおすすめします。

畳の上からフローリングマットやクッションフロアを敷き詰めると隙間ができることが多く、畳も傷みやすく湿気によりカビが生えてしまうこともあります。

一から張り替えをするのと、そのままフローリング材を敷き詰めるのでは、その後のメンテナンスや完成度の高さで大きな違いがあるので、当社では貼り替え工事をおすすめいたします。

まとめ

畳の部屋をフローリングにする費用は、施工方法によって大きな違いがあるので注意しましょう。

畳を撤去して張り替えると高い費用がかかりますが、フローリング材の敷き詰めであれば安上がりになります。

予算や希望によってどの工法がベストかは異なるので、違いを比較して納得できる工法で畳をフローリングにリフォームしましょう。

当社では畳からフローリングへと貼り替えをする工事に対応しております。

通常のフローリング施工額の約1/3を実現しました。また、使用する接着剤も一般のウレタン接着剤と比べ、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放散濃度が1/1000なので住みながらの工事、ペットやお子様にも安心安全な工事が可能です。

畳からフローリングのお部屋に変えたいとお考えの方はぜひ気軽にお問合せください。